FC2ブログ
来店DOG in BSK
リョウ

ロン


M・ダックスのリョウ(上)とロン(下)です。2頭とも骨格もしっかりしていて立派なダックスです。しっかりしている分、飼い主さんたちは太らせないように気を使っています。

今回の新しいフードを試すにあたって、少しカロリーやタンパク質が高めな事を気にしていらっしゃいました。
確かに、100gで400kcalは他のフードに比べると少し高めではありますが、含まれているたんぱく源なども質のよいものを使っているので、「ただ高い」という数値だけで判断するのはもったいないことです。その分給与量も少なめなので、経済的という利点もあります。

ただ、ワンちゃんにとってご飯の量が少なくなるのは物足りなそうでかわいそうというのが飼い主さんの気持ちだと思います。
そこで、今日はドッグフードに野菜などをトッピングしてあげるようにアドバイスさせて頂きました。そうすれば今までと量はそんなに変わらずに、栄養満点、カロリーは少し控えめのごはんができます。

なるべくいろんな種類の野菜などを混ぜて与える事は体にもとてもいい事です。それに毎日ドッグフードだけというよりも犬も喜びます。
特に皮膚疾患が出ているワンちゃんにはお肉を減らして野菜類を多めというようにその時々の状態によって量を調節する事も非常に効果があるようです。

料理の時に使わない野菜の端っこなどを、茹でたり炒めたりしてトッピングしてあげるのも楽しいですし、BSKの新商品乾燥野菜シリーズも便利でおすすめです。下茹でしてあるのでそのままふりかけてもOKですし、お湯やお水で戻して生の食感にしてから簡単に調理するのもいいです。

リョウもロンも野菜のトッピングをしていますが、新フードとのカロリーバランスを考え、もう少し野菜を多めにしていただくようにアドバイスさせて頂きました。


ドッグフードは総合栄養食だからそれ以外はあげない方がいいと思っている人もいるようですがそんな事はありませんので、ぜひ試してみてください。


■■乾燥野菜シリーズは種類が増えました■■

きゃべつ・にんじん・さつまいも・かぼちゃ・切り干し大根・小松菜・チンゲン菜乾燥野菜シリーズ

今回の新しいドッグフードはもちろん、私の店の品揃えのほとんどが「土壌」や「自然のバランス」にこだわって作られたものが多いのにはわけがあります。

化学肥料や農薬の散布によって、出荷の安定、見た目のよさが数段によくなりました。しかしその害は深刻で、野菜に含まれる栄養分がほとんど無くなってしまっています。
この野菜にはビタミンCが豊富とか、カロチンが豊富とかよく聞きます。しかし今ではそんな栄養分は激減してしまっているので、本来の栄養が取れないという事態なのです。

自然の営みの中では、土の中にはミミズやそれを食べるモグラがいて、それらが畑の土を育てていました。土はミネラル豊富でそこで育った野菜は栄養もたっぷり、ミネラルも豊富に含まれています。
しかし、化学肥料や農薬で人工的に整えられてしまうと、ミネラル分も激減して、姿かたちは同じでも中身が違う作物ができてしまいます。
もちろん痩せた土地で作られた物や化学的に調合された飼料を食べている家畜たちにも影響が出ます。

私たちはそんな食材を毎日口にしているので、ある意味いつも栄養不足で、その影響から疲れやすかったり、病気になりやすかったりということになり、精神的に不安定になる者も増え、すぐキレる、虐待するなどの問題も起きるのだそうです。


ということを、ミネラルのメーカーからいただいた研究資料で読んだのですが、実はそれを読む前からものすごく土壌やミネラルについて興味があり、自分なりの見解を持っていたので非常に興味深く読みました。
自分が思っていたことは間違っていなかったという確信とともに、人よりも数倍のスピードで一生を送る犬たちにやっぱりいいものを食べさせてあげたいという気持ちが強くなりました。

家の畑で取れた野菜なんかはそんなに大々的に手をかけていないから形は不恰好だけれどやっぱりおいしいですよね。味が濃いしうまみといううか味に深さがあるというか。でも買ってきた野菜はそんな味がしないものが多いです。

今回、ドッグフードを作るにあたって本当にいいものと出会えて良かったです。常連の皆様はとても意識が高い方が多く、本当によいものを犬に与えたいと真剣に思っている方々ばかり。その皆さんの願いを少しでもかなえるお手伝いができたのではと感じています。
今日やっと床屋さんに行けました。
サッパリして気分も爽快・・・といいたいところですが、実は床屋のオーナーはM・ダックスを飼っていて肥満で悩んでいるのです。

食事は当店のオリジナルフードの一番カロリーが低いダイエット、おやつは多少あげますが、特に多すぎる事はないようです。
肥満だからご飯もほんの少し、「でも太っちゃうんだよねー」と悩んでいました。

話を聞けば、1歳前に獣医さんにすすめられて避妊手術をしたそうですが、それでホルモンバランスを崩してしまったのかもしれません。
犬にとっては入院して手術をした挙句、お腹いっぱいご飯を食べることも許されず、でも肥満になって悪く言われて、さんざんですね・・・。
livu

この子はM・ダックスのリヴ、6ヶ月の男の子です。
定期的にご飯を買いに遠方から来てくれます。
かなり骨量があり6ヶ月とは思えないほど前足が大きくて将来が楽しみです。
人間大好きでだれのところにも寄って行って愛想をふりまいて、甘え上手。散歩の時は帰宅途中の女子高生の人気ものだそうです。


今日は遠方からもう一組来てくれた方がいました。ゴールデンを2頭連れてわざわざ千葉からお店に来てくださいました。
ホームページでフードの情報を見てくださったそうです。1頭は毎年春先になると体調の変化からかアレルギー症状がでてしまい、口の周りにブツブツができたりしてしまうとのこと。
病院で詳しく調べたわけではありませんが、注意してみていると玄米の入ったフードに反応しているのでは?と感じるとおっしゃっていました。
BSKのフードには玄米が入っています。しかし、質のいい有機玄米ですから、ほんの少しずつから与えてみて様子を見ながら気長にいろいろ食べれるように慣らしていったらどうですかとアドバイスさせて頂きました。
ドッグフードに限らず人が食べる食材においても、例えば化学飼料を与えられて狭いカゴの中で一生を終えるブロイラーと、牧場で放し飼いにされきれいな水と自然の食事を食べてそだった鶏とでは、同じ「チキン」でもまったく違うものとなります。チキンのアレルギーだと思っていたけれど、きちんと育った鶏肉なら平気でしたという声はよく聞きます。野菜や穀物にだって同じことが言えます。

それとお肉を多めに与えていると聞いたので、症状がでやすいこの時期は控えめにして、野菜などを多くとってみることもおすすめしました。ちょうど新発売した乾燥野菜があったので、手作り風にトッピングしてみることにして、かぼちゃ、にんじん、さつまいも、きゃべつの4種類全部お持ち帰り頂きました。

今年はうまくこの時期を乗り切って健康的に過ごせたらいいなぁと願わずにはいられません。アレルギー症状は犬はもちろん、飼い主さんの心にも本当に影響が大きく辛いことです。BSKの商品たちがお役に立てることを祈っています。
foods

今日、できたての新しいフードがお店に届きました!
明日から正式に販売開始、お待ちいただいていたみなさんにお届けできます。

実はBSKのオリジナルということで、フードには天然ミネラルを入れてもらいました。これによって味が変わったかが気になるところなのですが、食べてみたところ・・・変わっていました!
味がまろやかになったというか、お肉の臭みが少なくなった気がしました。犬にとってはちょっとクサイくらいの方が喜ぶかもしれませんが、より体に優しくなっているのが実感できました。



vegeta

そして明日はもう一つ新商品がお目見えです。
熊本県産の野菜を使ったドライベジタブルです。これはもともと人間のお料理用として作られたものをBSKに卸してもらうことになったものなのです。奥様方の食事の支度のスピードアップにも一役買いそうな商品です。

ボイルして乾燥してあるのでワンちゃんに与える時には、そのままふりかけて与えてもいいですし、少し煮込んで野菜スープのようにしてからフードにかけるなど、使い方はいろいろです。
小型犬の場合は少し細かく砕いてあげたほうがいいようです。大きいままだと異物を飲み込んだと体が勘違いして吐き戻してしまう子もいます。

すべて手作りは大変ですし、栄養のバランスも難しいのですが、ちょっとした手間をかけてフードにトッピングするのは楽しいと思いますのでぜひお試しください。

明日は土曜日、またいろんなワンちゃんと会えそうで楽しみです。


※ブラックストリームケンネルのホームページにフード情報をUPしましたのでご覧ください。
現在BSKオリジナルドッグフードを与えている方々には少しずつご案内を始めているのですが、実は新しいドッグフードができます!
やっと発売のめどもつきましたので、内容を少し紹介したいと思います。

今度のフードの最大の特徴は有機野菜、放牧家畜など素材へのこだわり、そして「生産者の顔が見える」ということです。私たち人間の食料も生産者がわかるものはなんだか安心しますよね。それをドッグフードでも実現できるのです。

事前にサンプルフードを送っていただき試してみたのですが、袋を開けたとたん、これだ!という感じがしました。
まず、開けた時に変なニオイがしない。というよりあまりニオイはありません。コロコロとしたちょっとかわいらしい粒で、油で揚げていないせいかサクサクしておいしそうな感じすらしましたので、もちろん食べてみました。
すると、じわ~っとビーフの味が広がってくるんです。これはワンちゃんならたまらないだろうなと思います。私もおいしくって、ついポリポリと食べてしまいました。
完全無添加、有機野菜、放牧家畜でできたフードですから、コンビニのおにぎりよりずっと安全。人間だって、こんな食生活ができたらどんなにいいかと思うくらいのレベルです。

看板犬のマリオやその他数頭にモニタリングしたところ、前のフードから徐々に切り替えるのではなくいっぺんにこのフードに変えてもどの犬も便の調子もとてもよく、ふわっとした程よい固さで処理がしやすいとてもいい便が出ました。


そして今日、フードの製造工場に足を運び、見学をさせてもらうことができました。
徳岡商会という創業100年近くという老舗の加工工場で、4代目の社長さんはまだお若くて、とにかく誠実で一生懸命な方です。
動物たちのおかげで生計を立てているのだから、少しでも恩返しをしたいという気持ちから、自分の愛犬たちにも安心して与えられるようなこだわりのフード作りをはじめたそうです。

徳岡さんは工場で働くスタッフみんなに、「原材料を入れるその時にも愛情を込めてください」と指導しているといいます。気持ちのこもったものは、無機質に作られたものとはまったく違って、やっぱり体にとてもいいと実感しているから・・・という言葉に、とても感動しました。
原材料を提供してくれているところとは、本当によいお付き合いをしているようで、まさに「生産者の顔が見える」という言葉そのまま。
いろんな人の信頼関係のもとで作られたすばらしいフードだと、今日本当に確信しました。

私は皮膚疾患やガンなどの病気で苦しむ飼い主さんと犬たちをたくさん見てきました。どうにかして獣医さんにかからない健康な犬を増やしていきたいといつも考えています。そして愛犬の健康は飼い主さんの心と体の健康にとっても、とてもとても重要な事です。
私のこの気持ちと、徳岡商会の皆さんと生産者の方々の気持ちが詰まったフードに、飼い主さんの愛情が加わって、品質もすばらしいとくれば、ドッグフードとしてこれ以上のものはないのではないでしょうか?

このフードを究極の安心フードとしてラインナップに加えていくことで1頭でも多くの犬とその飼い主さんの健康が守られればいいと心から願っています。

工場レシピにちょっとアレンジを加えてもらうことで、ブラックストリームケンネルオリジナルフードとして作っていただくことに決まりましたので、本当にあともう少しで皆さんに紹介できる日が来ると思います。

今日は、あまりに素敵な体験をしてちょっと興奮気味です。

foodsfact

工場では徳岡さんの案内のもと、すべての製造工程を見せて頂きました。
これもなかなかできない経験ですよね。

自然流でいこう。 袴田語録


↑クリック          

mixi☆コミュニティ

mixi_s"
ミクシィのコミュニティできました!
健康な犬育て 『自然流でいこう』

ナチュラルな犬との暮らしをしている方の集い☆日本のワンコたちの健康のためにみんなで自然流をメジャーにしよう!!
どんどん参加してね!

Black Stream Kennel

サイト、リニューアルしました!bskflat&logo
駒沢公園通り
ブラックストリームケンネル


BSKマーケット
BSKグッズが買える唯一のネットショップ
 BSKマーケット


ワンコとの暮らしをより良くしたい
あなたへのヒント! BSKマーケットコラム
リニューアル!
BSKマーケットのスタッフコラム


もっと知りたい!BSKフードのこと
ワンコのココロとカラダ、
そして地球環境にも優しい。

BSKからのお知らせ

ワンちゃんとの暮らしのヒントになる

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報

最新記事

過去ログ

カテゴリー

ブログ検索

THANK YOU !