来店DOG in BSK
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はたくさんのワンちゃんが遊びに来てくれました。

まずはかわいい小型犬からご紹介。
みんなとてもかわいがられているので、きれいでかわいいです。


シュリ
M・ダックスのシュリ

プッチ
チワワのプッチ

テン
パピヨンのテン

JJ
ワイヤーヘアのダックスのJJ



大型犬はフラットの2頭が来てくれました。
連日の雨で運動できずにいたのかと思いきや、雨の日は他のワンちゃんがいない分、ドッグランや公園でいっぱい遊べる!と飼い主さんたちは言っていました。犬は喜んでいても飼い主さんは大変かなと思いきや、大型犬の飼い主さんたちは、それも結構楽しんでいる様子です。
ソルもランディーも昨日今日とそれぞれたくさん走ってきたそうです。


ランディー
ランディ


ソル
ソル
スポンサーサイト
ごん太

M・ダックスのごん太です。ごん太は本当にお母さんが大好き。
今日はお母さんが買い物の間、ごん太はお店で留守番することになりました。
お母さんの姿がなければ、お店のスタッフと遊んだりもするのですが、お母さんがいるときにはスタッフにはまったく見向きもせず、お母さんにぴったりくっついています。かわいいですね。




リリィ

M・ダックスのリリィ(女の子)です。
リリィは飼い主さんが引越しをして環境が変わったせいか、以前はちゃんとできていたトイレを失敗するようになってしまったと相談にみえました。
前の家ではサークルの中のトイレでキチンとできていたそうなのですが、新しい家に来てからはサークルの扉を開けたままでもサークルの周りでしてしまったりと失敗が多いとのこと。

多分、慣れない環境でのストレスもあるでしょうし、どこでしていいのかわからなくなってしまっているのかもしれません。

そこでもう一度子犬時代に戻って、1からしつけのしなおしをするようにアドバイスしました。
リリィのようにサークルをトイレにしている子の場合は、飼い主さんが在宅していれば比較的教えるのは簡単です。

おしっこをしそうなタイミング(起きた時、ごはんを食べた後など)にトイレシートを敷き詰めたサークルに連れて行き、扉は閉めておきます。タイミングをみて連れて行けば比較的すぐにオシッコをすると思いますので、ちゃんとしたらたくさん褒めてサークルから出してあげます。
絶対に失敗させないようにするのが一番なのですが、もし失敗してしまっても叱ったりせずに無視して片付けます。ここで怒ったりして相手にすると、かまってもらえると勘違いしてしまう場合もありますから、雑巾にじゃれ付いたりできないように、サークルに入れる、または部屋から出すなどして無視して片付けることが重要です。

リリィのように一度はできていたのであれば、休日を利用して2、3日でできるようになる子も多いので、じっくり取り組んでみることをおすすめします。
失敗を避けるためにも、家事をしているときなど犬を見ていられないときにはサークルに入れておくようにしてください。

犬はいくら飼い主と一緒とはいえ、新しい住まいになじむのには時間がかかる子もいますし、知らない場所では不安も募ります。
今までできたことができなくなったりすることもよくあることです。
リリィも早く新しい環境になれるといいですね。
ザック

M・ダックスのザック(♂)です。
BSKの新フードのチキンが発売されてから、ずっと食べてくれています。飼い主さんはとても気に入っているのですが、ザックは少しおなかが緩くなりがちで、野菜や鶏肉をトッピングしてみたり、いろいろ試してみましたがなかなかおなかが落ち着かないという事でした。

試しに野菜をやめてみたり、次は鶏肉をやめてみたり、トッピングをまったくやめてみたり・・・でも結果はあまり変わらず。

でも、せっかく良質なフードだからあきらめてやめるのももったいない話です。もしかすると、チキンのフードに入っている魚由来の成分が合わないのでは・・・と思い、ビーフのフードを与えてみるようにおすすめしました。

すると、とてもいいウンチが出るようになったそうです。
しばらくいい状態が続いたので、まだ残っていたチキンフードを混ぜて与えたところ、また緩めのウンチになってしまったそうです。
そこでまたビーフに戻すといい状態に戻ったとのことでした。


犬にも個体差があり、消化能力も違います。ザックのように体が適応しにくい成分がある場合もあります。

もしもBSKのフードを使っていて、ちょっと気になることがある方がいましたら、ザックのようにいろんな食べ方を工夫したりして原因を探りながら様子を見てみるといいと思います。
もしわからないことがあるようでしたら、すぐにやめてしまわずに一度ご相談ください。
今日は天気もよく、たくさんのワンちゃんがやってきました。
今日紹介するワンちゃんたちはみんなBSKのフードを食べて育った子達です。


ワンタロウ

M・ダックスのワンタロウです。生まれた時からBSKフードを与えてくれています。フードはワンタロウの体にぴったりあっているようで、病気知らずで毛艶もよく、とても健康です。

リヨン

フレンチブルのリヨンもずっとBSKフードで元気いっぱいです。
椅子の下でおとなしくステイしています。


ノア

フラットのノアです。女の子とは思えないほど立派な毛量と骨量です。特に毛はゴージャスで、これでも少しカットしているそうです。



ロビン

ヨークシャーテリアのロビンです。ヨーキーには珍しいくらい、毛も密で地肌が見えないほどです。
今では自慢の毛並みなのですが、ほんの1年前くらいには膿皮症にかかってしまい病院に通っていました。

獣医さんから処方された薬用のシャンプーで週に何度もシャンプーをして頑張りましたがロビンの体には合わず、かえって悪化させてしまいました。
そこで、薬浴代わりにも使えて皮膚疾患にとても効果が出ているミネラルお風呂「ピカピカバスタイム」に入れてあげることにしました。同時に「リバイバルート」と「Biotin+緑茶」を飲んで、体の中からも働きかけるようにしました。
ロビンのお母さんも、小さい体とはいえ週に何度もお風呂に入れてあげるのはとても大変だったと思いますが、ロビンはしばらくすると見る見るうちによくなっていき、すっかりきれいな皮膚になりました。
今も再発することなく、健康的な皮膚と毛並みを保っています。

ロビンは薬だけに頼らず、他にも症状を和らげる方法を試してみてとても効果が出ました。
なかなか治らない皮膚疾患だからこそ、薬の量は最低限にして体に負担をかけたくないものです。

長期間薬を与え続けたりする事での体への負担はとても大きなもので、症状の軽減というひとつの視点で見れば、「小康状態」かも知れませんが、体全体で見れば、かえって疾患を跳ね返す本来の体の力が失われている状態になっている可能性も高いのです。

薬だけに頼らず、新鮮な自然食の食事やミネラルお風呂などでサポートしていく事でロビンのようにきれいになれればとてもうれしい事ですね。
今日は雨もあがって、いろいろな犬達が遊びにきてくれました。


ライム4

ブログに何度も登場のフラットのライム(♂)が今日も遊びに来てくれました。
この視線の先にあるものはヒモ付ボールです。

写真を撮ろうと座らせたその先にボールが・・・。
撮影後、もう我慢できずにボールに突進です!
でも今日は買ってもらえず、ガッカリのライムでした。



カイ

2才になる甲斐犬のカイ(♂)です。大の仲良しの娘さんに抱っこされての撮影です。

でも以前は一緒に遊んでいてもカイが気に入らないときは娘さんを噛んでしまった事もあったそうです。
でも娘さんはカイに負けまいと遊びのなかでひっくり返したり、動けない様にだっこしたりと頑張ってきました。
最近では娘さんがなにをしても噛まなくなり、とても良い関係になったそうです。
ちょっとした普段の接し方って大事ですね。


特にオス犬は、もともと持っている性質や犬種によって差はあっても、基本的にリーダー願望があります。
力の弱いお子さんや、優しいお母さん(甘やかしがちなお父さんも?)をなめてかかるケースが多いのはそのためです。
それがエスカレートすると、ある日突然、気に入らないと「噛む」などに発展することも十分あります。

カイの家族のように、遊びの中で関係修復をはかることだけでも効果があります。
ウチも最近犬がいう事聞かないなぁと気になる方は普段の接し方を少し変えてみてください。

今日はあいにくのお天気で、週末だというのに来店してくれるワンちゃんがいなくて少し寂しかったです。

東京も冷たい雨でしたが、奄美地方はもう梅雨入りしたそうです。
これから東京もじきにジメジメした梅雨を迎えます。
この時期は犬の健康管理が最も難しい時でもあります。
皮膚病に悩まされるのも、梅雨から夏にかけてというのが多い時期といえます。

毛の中にこもった湿気は細菌が活躍しやすい環境を作ります。
こまめにブラッシングをして空気を毛の中に取り込んで湿気を逃がすようにしたりして清潔に保つようにしてあげてください。
ブラッシングは血行をよくする効果もありますので、細菌に負けない健康な体作りのためにもおすすめです。


ドッグフードも湿気によって傷みやすくなりますので、保存には十分気をつけるようにしてください。


でも梅雨に入る前に、新緑の5月らしい晴れたいいお天気が戻ってきて欲しいものです。
クライフ

フラットの男の子、クライフです。2月で6才になりました。

クライフは尿管結石を患い、しばらく処方食をあげていました。
でも6才をすぎたこともあり、処方食だけでなく少しでも安心できるドッグフードをあげたいと思うようになったそうです。
今はBSKの新フードを処方食に混ぜて与えてくれています。


処方食は症状を出にくくする内容になっているというだけで、症状を治す「薬」が入っているわけではありません。
病状の原因を確かめるという意味では、獣医さんの指導の元で他のものを一切与えずに一定期間様子を見ることもありますが、絶対に処方食を一生続けなければいけない病気というのは実はそう多くありません。

本当なら薬品類などが添加されている処方食だけを与えるよりも、自然に近い食事をして体本来の力を強くしていった方がいいはずです。


クライフのように食事の影響が出やすい病気の場合は定期検査の結果などを元に、少しずつ混ぜていくという使い方をするといいと思います。
BSKのフードはナチュラルなオーガニックフードなので、体に余計な負担をかけません。
アレルギーの原因は食材のレベルによっても変わるといわれていますし、やはり体が不調の時には添加物や化学物質が入ったフードは避けたいものです。


クライフも自然の治癒力がUPして症状が軽くなって、早く何でも食べれるようになるといいですね。







今日は遠く岩手からフラットの男の子、ナジェがやってきました。
もうすぐ2才になりますが、男の子はやっぱり迫力があります。
せっかく来てくれたので、ワンポイントレッスンをすることにしました。

まずは飼い主さんと一緒に、普段の散歩の様子を再現してもらいました。
たんたんと歩く・・・といったごく普通の散歩です。


そこで、ナジェがもっと楽しく、そしてしつけもできてコミュニケーションがとれるようになる散歩の仕方をレッスンしました。

方法は簡単。ただ歩くだけではなく、不定期に「スワレ」や「フセ」の号令をかけ、出来たら優しく褒めてあげる。
普段の散歩がメリハリのあるレッスンタイムになるのでおすすめです。


意外と、外ではできなかったり、歩いている最中には言うことをきかなかったりする子もいるようです。根気よく続けて、どんな状況でもできるようにするといろんな場面で便利ですので、みなさんもチャレンジしてみてください。

ナジェ

sunagimo

少し前からお店に登場したこだわり新オヤツ「砂肝ジャーキー」です。

これは米沢郷牧場で平飼いされた元気な鶏の砂肝を、ギリギリまで水分を飛ばして作った乾燥タイプです。噛みごたえもあってじんわり味がしみてくる感じです。

もちろん、完全無添加で作っています。
市販の添加物たっぷりのジャーキーとは作り方もまったく違うので、健康に気を使う飼い主さんには特におすすめのオヤツです。

砂肝は栄養価も高く、なんといってもワンちゃんが大好きなものなので、ぜひオヤツに試してみてください。

自然流でいこう。 袴田語録


↑クリック          

mixi☆コミュニティ

mixi_s"
ミクシィのコミュニティできました!
健康な犬育て 『自然流でいこう』

ナチュラルな犬との暮らしをしている方の集い☆日本のワンコたちの健康のためにみんなで自然流をメジャーにしよう!!
どんどん参加してね!

Black Stream Kennel

サイト、リニューアルしました!bskflat&logo
駒沢公園通り
ブラックストリームケンネル


BSKマーケット
BSKグッズが買える唯一のネットショップ
 BSKマーケット


ワンコとの暮らしをより良くしたい
あなたへのヒント! BSKマーケットコラム
リニューアル!
BSKマーケットのスタッフコラム


もっと知りたい!BSKフードのこと
ワンコのココロとカラダ、
そして地球環境にも優しい。

BSKからのお知らせ

ワンちゃんとの暮らしのヒントになる

カレンダー

04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

天気予報

最新記事

過去ログ

カテゴリー

ブログ検索

THANK YOU !

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。